安心安全に蓄える 日本の石油備蓄事業
  1. HOME
  2. 安心安全に蓄える

【整然と並ぶタンク群】石油の供給が不安定になっても国民生活や経済に混乱が生じないよう、この巨大な原油タンクに石油は安全に備蓄されています。

タンク群1
拡大してみよう
タンク群2
拡大してみよう

石油備蓄基地配置図

石油備蓄基地配置図

原油タンク(ダブルデッキ型)

原油タンク(ダブルデッキ型)
拡大してみよう
  • タンク基礎は、サンドコンパクションパイル工法により地盤改良をしています。
  • 屋根は、雪の重みに対して十分な浮力と強度を有するダブルデッキ型の浮き屋根構造としています。
  • 浮き屋根式タンクは、液面に屋根が浮いた状態であり、石油の移送、温度変化による液面変化時に可燃性ガスの外部放出を抑える構造になっています。
  • 万一の発災に備えて、タンク上部14ヵ所にエアフォームチャンバー(泡消火設備)を取り付けています。
  • 直径82.5m、高さ24mのタンクを風圧から守るために、5段のウインドガーダーを装備しています。

一点係留ブイシステム

一点係留ブイシステム

海上に設置したブイに原油船を係留し、海底配管・マリンホースを経由して原油の荷役(受入れ、払出し)を行う設備です。

一点係留ブイシステム
拡大してみよう
  • 一点係留ブイ(直径:約5m、高さ:約20m)
    原油船を係留します。潮の流れや風の向きに応じて原油船が一点係留ブイを中心として360度回転できるようになっています。ブイの内部は空間になっていて、その浮力で海上に浮いています。
  • ジャンパーホース
    海底配管と一点係留ブイシステムをつなぐ緩衝用ホースです。
  • フルイドスイベル
    原油船の向きに合わせて、サブマリンホースを回転させます。。
  • 係留ベース
    沖合1.9km、水深45mの海底にあり、一点係留ブイやフルイドスイベルの土台となるものです。
  • 係留索
    原油船を一点係留ブイに繋ぐ太いロープです。

設備概要

主要設備
貯油施設原油タンク 113,000kl×30基
操油施設原油ポンプ 2,500kl/Hr×4台
用役施設
蒸気設備ボイラー 2ton / Hr×5基
工業用水設備受水量320m3 / Day
受水槽ピット 4,000m3
空気設備コンプレッサー 200Nm3×2台
燃料設備燃料タンク 500kl×2基(A重油)
電気設備
受変電設備特高変電所受電電圧 77,000V
配電設備第1〜4電気室
非常用発電機1,000KVA×1台
安全防災施設
防消火設備消火ポンプ 1,500m3 / Hr×2台
泡消火設備一式
消防自動車3台
保安防災設備油漏洩検知装置、通報監視装置 等
警備設備
侵入警戒設備カメラ・センサー 等
公害防止施設
含油排水処理設備処理能力 60m3 / Hr
生活排水処理設備処理能力 44m3 / Day
不含油排水設備ガードベースン 7,000m3
海域施設
一点係留ブイシステム・・・・・・一式
SBM作業船・・・・・・1隻
オイルフェンス展張船・・・・・・1隻
油回収船・・・・・・1隻
会社案内
  • 会社概要・沿革
  • アクセスマップ
私たちの仕事
  • 私たちの使命
  • 守り続ける365日
  • 環境にやさしく、安全を第一に
日本の石油備蓄事業
  • 不測の事態に備えて
  • 安心安全に蓄える

教えて!せきゆびちくきち

入札案内

地域・社会貢献活動